より良い効果的な法人名刺を作るためのポイントをお知らせします

企業が新規顧客開拓などの営業活動や、マーケティング戦略にまつわる企業間交流などに乗り出す際、大変重要な役割を果たす法人名刺。普段何気なく目にしている名刺は、一般的なビジネスマンでも相当な数になることとは思いますが、いざ自分で作ろうとすると、どういった点に注意して作れば良いのか、今一つわからないという方も多いのではないでしょうか。デザインというのは専門家が存在する分野だけに、かなり奥の深い世界になります。それがたった91mm×55mmという限られたスペースに必要な情報を詰め込んだ上に、相手にそれなりのインパクトを与えなければならない名刺作成となると、はじめはどうしていいかわからないのも無理からぬ話と言えるでしょう。法人名刺は、企業イメージそのものを体現する重要なビジネスツールです。ポイントをおさえて納得のいくデザインを完成させましょう。

法人名刺はある程度規格を守るのがポイント

名刺のサイズは、先述したように91mm×55mmというサイズが一般的です。近頃は個性の演出を重要視するあまりに、このサイズや形にこだわらないタイプの名刺もたくさん出てきましたが、ビジネスシーンで活用されることがほとんどの法人名刺は、できるだけこの規格を守るのが望ましいと言えるでしょう。というのも、法人名刺はほとんどの場合、取引先の企業やお客様の手元で長く保管されるものだからです。名刺を頂く機会のある職業に従事している人なら誰しも経験があることかと思われますが、例えば大きすぎる名刺や、一部分だけが既存のサイズからはみ出してしまうようなデザインの場合、一般的な名刺保管ケースやファイルに上手く収まらないことがあるのです。逆に言うと、それだけその名刺はインパクトが強いということにもなりますが、酷い場合はファイルに収まらないからと別な場所に移され、折れたり汚れたりしてしまいます。以上のような観点から、法人名刺はできるだけ規格を大切にし、素材やデザインでインパクト勝負に出るのが望ましいのではないでしょうか。

大きさを変えなくてもインパクトは作れる

印刷技術の目覚ましい発達によって、名刺に使用できる素材は年々増加の一途を辿っています。今では布や金属にも印刷することが可能になり、現にそういった変わり種素材を使用した法人名刺を採用する企業も増えてきました。相手に長く保管してもらうことを重視すると、規格サイズに収まる範囲のデザインが望ましいという理屈はご理解頂けることでしょう。地図や顔写真などの情報を掲載する関係から、どうしても大きさを変えたい場合には、折りたたむと名刺サイズになる形式で作成することも可能です。また、ファイルに収まる範囲で、珍しい素材や特殊なインク、浮き出し加工などを使用することによって、同業他社に差をつけるデザインを実現することも不可能ではないでしょう。法人名刺は、言わば企業の顔のようなツールになります。顧客や取引先にどういった印象を与えるかを常に念頭に置き、作成に臨みましょう。