法人名刺とは何かその特徴を解説します

法人名刺は、会社で一括して注文できる名刺のことで、本店と支店、営業所が別々の所在地にある場合には、それぞれの事業所ごとに発注することも可能です。1つの部署が大きい会社であれば、部署別に依頼することもできますので、営業部のように客先に回る機会が多い部署であれば、名刺の使用頻度が上がるため、部署単独で発注することも可能となることが多く、使いやすいでしょう。法人名刺をまとめて発注することで、1枚あたりのコストを削減するのも可能になります。人事異動や新卒社員が一度に多く入社する年度初め等の繁忙期に、大量の名刺が必要になる場合も、法人名刺の業者に依頼すれば、名刺に必要な個人情報の一括管理ができます。名刺のレイアウトを同一にすることで、決められた時間までに発注したり、社員のデータを送ることができたりすれば、即日の名刺印刷や発送までが可能になり、迅速に対応できるので、必要な時にすぐに入手できます。

法人名刺の作成を依頼できる業者を探す

最寄りの法人名刺の業者を探す場合には、事業用の電話帳で印刷業者を探して発注できます。取引先の企業の名刺が良ければ、紹介してもらうこともできるでしょう。サンプルを見たり、校正確認も行えます。しかし、知り合いがいない場合や、初めて依頼する業者で出来栄えが心配な場合は、インターネットで法人名刺の作成を受付している業者サイトを利用するのも良いのではないでしょうか。基本的なレイアウトのサンプルは、サイトで閲覧することも可能ですし、サイトでデザインの確認をしながら作成できます。プレビュー画面で校正もできますので、時間をかけずに注文ができます。人数や枚数が少ない所であれば、オンデマンド印刷にも対応できますし、大量の名刺が必要であれば製版してコストが下げられるオフセット印刷を利用することが可能な場合があります。会社のロゴマークや社員の写真画像を印刷するために、カラー印刷にも応じられる業者が多いです。

インターネットの法人名刺業者に頼む時に注意すること

法人名刺業者サイトから発注する場合は、会社の情報や社員の個人情報をネット上でやり取りするために、情報漏洩の心配がないか厳しくチェックするようにしましょう。プライバシー保護の認定を取っていたり、データを受け渡しする際に、暗号化されている所であれば、ほぼ問題ありません。パソコンの操作に慣れていない場合は、説明やヘルプ集を読んで操作しやすいか確認することも大切です。デザインテンプレートが充実いて、マウスでメニュー欄から選ぶだけであったり、テキストで社名等の記載情報を記入するだけで自動的に名刺のデザインに反映されるのであれば、比較的楽に作業が進められます。社員情報の入力には、表計算ソフトやCSVファイル形式で社員のデータを入力すれば、自動的に差し込み印刷に対応してもらえることもありますので、社員が多い会社の場合は、データの送信が簡単な業者を選ぶことをおすすめします。

承認時には前回の発注データとの差異を一目で確認することが可能な為、ミスの軽減に繋がります。 プリントバーンにて名刺発注業務の負担を大幅に軽減! 正確なプレビューにて画面上の校正が可能です。 名刺原稿データのインポート・エクスポート機能により一括での登録・変更が可能です。 名刺のお問合せにつきましては午前9時から午後19時迄受け付けております。土日祝日はお休み致します。 法人名刺お任せ下さい